1994〜1996年 このページ 2000〜2002年 2003〜2005年
2006〜2008年 2009〜2011年 2012〜2014年
 
1997年
1998年
1999年

日本ケルト協会の歩み
その2 1997〜1999
講師のみなさんの肩書きなどは当時のものです。
1997
2月23日 定例会 / 講演
北アイルランドの社会と小説
 講師は別府大短大・八幡雅彦助教授。英国との連合維持を主張する勢力と、アイルランド統一を求める勢力の正当性と欠点に触れ、「融和への模索」について問題点を提示。
4月27日 定例会 /講演
ホスピスへの遠い道
 にのさかクリニック・二ノ坂保喜院長が講師。ホスピス(終末医療)を生み出したアイルランドの歴史と、アイルランド修道女会の創立者マザー・メアリーエイケンヘッドの生き方を合わせて紹介。
5月24日 特別企画 / ケルティック フェスティバル
詩人の辻井喬氏・鶴岡真弓教授の対談
天神・イムズホール
 お二人は、すでに対話集「ケルトの風に吹かれて」を出しており、「西欧の基層とやまととの出会い」と題した今回も、縦横に話が展開された。辻井氏は「物事を単一の切り口だけで裁断しないで、全体性としてケルトを理解すると、大きな力が与えられると思う」と語り、鶴岡教授は「詩人と実業界に身を置く辻井氏の引き裂かれた両義性は、まさにケルト的で、ケルトを論じる上でこれ以上のいい機会はなかった」と総括した。 
 ※『CARA』第5号に収録
5月25日 フェスティバル第2幕
映画祭 in 九州
 「白馬の伝説」(93年/アイルランド・英・米)▽「ダブリン・バスのオスカー・ワイルド」(94年/アイルランド・英)▽「フィオナの海」(94年/英)の3本を上映。
6月5日 フェスティバル第3幕
ザ・チーフタンズ福岡公演 
メルクパークホールで
  グラミー賞5度受賞のアイリッシュ・フォーク界の重鎮。フィドルやパイプの名手を迎え、ダンサー含めた総勢12人のパワフルな舞台を展開。
9月7日 定例会   講演
イスの町と聖杯伝説
  講師は西南学院大・有田忠郎教授。ドビュッシーが前奏曲「沈める寺」を作曲する際、ヒントを得たのがフランス・ブルターニュ地方の伝説の町イス。海に沈んだ、といわれるこの町(死者の国)と聖杯伝説を絡めて考察。
※『CARA』5号に収録
10月10〜12日 小泉八雲の足跡シリーズ〜神々の国・出雲へ   日本滞在中、山陰の浜でアイルランドに想いを馳せた八雲の足跡をたどる。八雲会会長の銭本健二・島根大教授と八雲の曾孫にあたる小泉凡氏(小泉八雲記念館学芸員)とともに松江市とその周辺を回る。
11月30日 小泉八雲の足跡シリーズ〜熊本へ    熊本市内の旧居2ヶ所と、紀行文の舞台となった三角町の旅館を訪ね、小国町のニット工房に足を伸ばす。熊本出身の作家・石牟礼道子さんがいう「かそけき者の声音に耳傾けた人(ラフカディオ・ハーン)」をしのんで…
12月14日 定例会 / 講演
紀行・アラン島のセーター
 浮き彫りのような模様が走るアランセーター。3つの島を巡り、『紀行・アラン島のセーター』を出版したフリーライター・伊藤ユキ子さんが、スライドをまじえ、信心深い人たちの島の魅力を紹介。   
※『CARA』5号に収録
ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム】 11月7日、山口県立大で。アイルランドの詩人、シェイマス ・ヒーニー氏と作家・大江健三郎氏が「周縁から普遍へ」のテーマで基調講演と対談。ケルト会員も聴講した。
【ゲール語講座】 引続き平島直一郎氏と岩瀬ひさみさんが担当。
【News Letter】 会報誌『CARA』発行の「すき間」を埋める、会員向け広報誌創刊。第1号の題字は[mini CARA]。
1998
3月8日 定例会 /講演
ジェンダーとアイルランドの女性
  講師はNHK学園高校・恵泉女学院短大講師の森尾輝子さん。アイルランドの女性解放の歴史を、社会制度上の性差(ジェンダー)でとらえ、映像や写真を使って解説。
※『CARA』6号に収録
4月26日 特別企画   
 西海路の春を訪ねて
 日帰りバスツアーで長崎在住の会員と交流。西彼杵郡時津町元村郷でケルトやエスニック調の雑貨を扱う店「ナ・クーイック・ケイドフィ」(ゲール語で五感という意味)を営む松尾早苗さん、大瀬戸町雪の浦で手造りハム業を営む岩永優子ご夫妻を訪ねた。
5月1日  会報誌『CARA』5号発刊  A4版・34ページ
5月10日 定例会  / 講演
アイルランド歴史の旅
 翻訳家・平島直一郎氏が「ケルト文化の名残を求めて」と題して、スライドを使いケルトの影響が色濃く残るアイルランドの旅を通してケルト文化を紹介。
6月13〜14日 特別企画  
 ケルト美術展見学
  東京都美術館で開催された『古代ヨーロッパの至宝・ケルト美術展』へ。国内で初公開の250点を鶴岡真弓教授と青山学院大非常勤講師・月川和雄氏の同行解説つきで鑑賞。14日は鶴岡教授の講演を聴講。
7月12日 特別企画 
ビデオ&トーク
アイルランド映画102年
  成城学園教育研究所専任職員・岩見寿子さんが、日本未公開作品を参考上映しながら、国の手厚い支援を受けるようになったアイルランド映画の活気ある現状や隠れた実力の一端を紹介。
8月23日 定例会 /講演
チューリッヒからザンクト・ガレンへ遠回りの旅
 93年からチューリッヒに1年間滞在した森泰男・西南学院大教授が、ゲルマン大移動の後に、ガリア(フランス)からスイスにケルト・キリスト教文化を伝えた聖コルンバヌスの足跡をたどり、幾重にも分かれる教派とケルトの関わりを推論する。
※『CARA』6号に収録
9月27日 定例会 / 講演
初期中世ウェールズの国と王
 死者の国など非現実的な世界が展開する物語『マビノギ』と、政治など現実の問題解決のために編まれた『ウェールズ法』が、多くの接点を持っていることを解く。講師は国学院大・永井一郎教授。 
※『CARA』6号に収録
10月24日  ケルティック・ハープコンサート ★同25日 
アイルランド映画特集ケルティック・フェスティバルの催し/NTT夢天神(岩田屋Z−SIDE7F)
   <コンサート>演奏家・菊池恵子さんがラップ・ケルティック・グランドの三種のハープを使って、「庭の千草」などケルト圏の民謡を中心に18曲演奏。
    < 映画>『ナッシング・パーソナル』(95年・オサリバン監督)、『サークル・オブ・フレンズ』(95年・オコナ―監督)の2本。
12月6日  定例会 /講演
ゲール語圏の『白雪姫』をめぐって
  民話の宝庫のゲール語圏にも『白雪姫』に似た話がある。『金の木と銀の木』(スコットランド)や『アイルランドの輝く星』といった民話を紹介しつつ、ゲール語圏の「白雪姫」の魅力を探る。講師はケルト民話研究家・岩瀬ひさみさん。
※『CARA』6号に収録
【ゲール語講座】 平島直一郎氏・岩瀬ひさみさんが担当。
【News Letter】 第2号発行
1999
3月14日 特別企画/講演とビデオアイルランドを知る    アイリッシュダンス始め風俗、食文化も含んだビデオ「アイルランド オブ メモリーズ」(英語版・90分)を鑑賞。カトリックファミリーセンター・ライル所長が、聖パトリック祭の歴史などアイルランド全般について講演。
3月21日 特別企画  日帰りバスツアー〜押戸石山へ
 ペトログラフを訪ねて
   日本ペトログラフ協会員・武内一忠氏の案内で、熊本県南小国町の押戸石山へ。山頂付近の岩石群の表面に線刻の絵や記号(ペトログラフ)があり、4500年前、シュメール系海洋民族が渡来して彫った説がある。このような所は全国に650箇所、熊本県内に60箇所散在。ケルト系のオガム文字も見つかっている。西原村ではスコットランドからの留学生による、ケルトの春分の日の祭事を見学。
4月18日 定例会 / 講演
ケルト神話の再発見と女性たち
  ケルト神話の中で、愛国的役割を担ってきたアイルランド女性。社会的制約から自由になりつつある女性が、神話を自分たちのものとして語り直そうと試みている。こうした動向を愛知淑徳大・大野光子教授がヌーラ・ニ・ゴーノルらの詩を通して解説。
※『CARA』7号に収録
4月18日  会報誌『CARA』6号発刊    A4版・36ページ
6月6日 定例会 /講演
私のアイルランド
   北アイルランドのデリー出身で下関市立大・九州産業大講師のエンリ・マギー氏がカトリック神父の立場から、いわゆる「紛争」について触れた。プロテスタントの権益を守るため、イギリスの武力組織が少年時代のエンリ氏らに暴力を振るったことなど、淡々と語られた。重苦しい内容も「平和は絶対に来る」という最後のひとことに救われた。
8月28日 分科会   
世界の『白雪姫』めぐり
  世界中に白雪姫に似た話がある。ケルト民話研究家・岩瀬ひさみさんを囲んで、実際にストーリーを読み比べ、お国柄みたいなものを浮かび上がらせることを試みた。
9月5日 定例会 / 講演
沖縄とアイルランドの文化的アイデンティティ
  講師は沖縄国際大・米須興文教授。アイルランドのゲール語、沖縄の琉球語(うちなあぐち)――それぞれ慣用語を失った背景や過程に共通点が多い。この文化的変遷と双方の知識人らの反応も、共通するものがある。言語にまつわる問題を通して考察。
※『CARA』7号に収録
9月23日 特別企画   
拝み石山へ ペトログラフを訪ねて第2回ツアー
 今春に続いて、日本ペトログラフ協会員・武内一忠氏の案内。.熊本県河内町の拝み石山と玉東町の吉次峠へ。地元にとっても聖地と思える拝み石山は、巨岩の間に潜り込んで、懐中電灯で石の表面にあった小さな記号か文字かの線刻(ペトログラフ)を見ることができた。
11月13日 特別企画   ケルト音楽の夕べマジカル・ストリングス福岡公演
NTT夢天神ホール
米国を舞台に活躍する男女4人組のグループ。伝統的なケルト音楽の公演前に、アイリッシュダンスの無料公開レッスンもあった。
12月19日 定例会 / 講演
ケルトとは何か
 講師は立命館大・鶴岡真弓教授。「ケルトの歴史」(河出書房出版)の刊行を受けて、著者の鶴岡教授が19世紀後半に注目されたケルト文化に焦点を当てる。ケルト組紐模様や絵画など美的なものへの感動を、自分なりに読み止め理論化する必要が我々にはある、と強調した。
【ゲール語講座】 引続き、平島・岩瀬両氏が担当。
【News Letter】 第3・4号発行。