1994〜1996年 1997〜1999年 2000〜2002年 このページ
2006〜2008年 2009〜2011年 2012〜2014年
 
2003年
2004年
2005年

日本ケルト協会の歩み
その4  2003〜2005
講師のみなさんの肩書きなどは当時のものです。
       ◎ 『日本ケルト協会』に改称
2003
2月 会報誌『CARA』第10号発刊  A4版・42ページ  
4月6日 定例会 / 講演
「ブリテン島の昔話・伝説とケルト文化」
  「巨人退治のジャック」やアーサー王、魔女などの伝説が色濃く残る南西部のコーンウォール地方。この地を中心に訪ね歩き、人々との交流の中で「ケルトの原初的なエネルギーを強く感じたのは、自然にそうなったのではなく、伝説を大切にし意識的にケルト文化を取り込んだ結果だろう」と、飯田正美さん(筑紫女学園大・福岡女子学院大非常勤講師)。
※『CARA』11号に収録
4月20日 「ペトログラフの里シリーズ」
第6回 日帰りバスツアー
  今回は古代海洋民族が残したとみられる巨石遺跡を求めて、熊本県の天草へ。現地案内はNPO日本巨石文化研究所理事長・武内一忠氏。姫戸町(04年3月、3町と合併して上天草市に昇格)の矢岳山頂近くのドルメンは、長さ12mの巨石が支柱石に支えられて不安定な格好で斜面に鎮座。五和町の「鬼の碁盤石」と呼ばれる巨石は、周囲から磨製石器が出土。いずれも祭祀用か。
6月8日 定例会/講演
ケルトと出会って知る「異文化の出会いと再生」
 講師は上野学園大教授・大野忠男氏。アイルランドの墓石の巴文様はキリスト教伝来とともに消え、潜行の形をとる。それが200〜300年後に渡来したゲルマン的組紐文様に刺激されたのか、十字の交点に巴文様が復活。この「ルネッサンス」と呼べる現象について「文化の変革のために必要なこと」との考察を展開した。
※『CARA』11号に収録
9月7日 定例会 / 講演と音楽「アイルランドに魅せられて」  「The town I love so well」(私の愛した街)に出会って以来、アイルランドに惹かれた、というシングソングライターの横井久美子さん。歌の世界は幅広く、女性、母親の視点で社会を直視し、いろんな出来事を歌にしている。オリジナルソングのほか、アイリッシュハープやギターを弾きながらアイルランドの魅力を語り歌った。ポーチェ・アンジェリカ時代の歌も披露。
※『CARA』11号に収録
12月14日 定例会 / 講演
アイルランド演劇の今 3人のM  (マクドナ、マクファーソン、ミッチェル)
  いずれも30代の若手劇作家。家族への愛憎と暴力、語りの妙が特徴のマクドナ。マクファーソンは酩酊と性的放縦の中に哀愁を漂わす。反英武力闘争を経て疎外感がにじむミッチェル。とくに前者二人の競い合いがこれから楽しみ、と河野賢司・九州産業大国際文化学部および同大学院国際文化研究科教授。2004年はジョイスの『ユリシーズ』公演100周年に当り、同国の演劇動向に注目が集まりそう。
※『CARA』11号に収録
12月18日 ケルト・アイリッシュ音楽祭〜 カラン・ケイシー Karan Casey in 福岡
※NTT夢天神ホール
アイルランドを代表する伝統音楽界の女性ヴォーカリスト。「ソーラス」に参加して実力をつけ、脱退後に制作した『シール・メディスン』が高い評価を得た。来日は2度目、九州は初公演。聴衆の心を暖かく包み込む表現力はさすがだった、と鑑賞者たち。
 
[アイリッシュダンス公開講座]  5月18日、7月20日、11月23日の3回開催。また自主練習会を毎月1回開いた。
 指導はCCEダンスクラスメンバー。
[初、中級ゲール語講座]  毎月1回同じ日に開催。岩瀬、平島両会員が担当。
[News Leter]  7月に7号発行。
[第38回日本イェイツ協会年次大会]  9月20、21の両日、幹事校の九州産業大で開かれた。
[アイルランドビジネスセミナー]  10月20日、ホテルオークラ福岡で。アイルランド政府主催。
[アイルランド観光セミナー]  12月9日、ホテルオークラ福岡で。政府観光庁主催。
[リバーダンス福岡公演]  2年前に次いで12月5、6、7日 マリンメッセ福岡で
2004年
定 例 会  
4月18日 ケルトと日本  京都造形大学教授  鎌田東二氏
6月 響きあうケルトと山陰の民俗
 島根女子短期大学助教授  小泉 凡氏
9月 アイルランドと日本  明治・大正期に日本の人々はアイルランドから何を学んだか
成城大学名誉教授  上野 格 氏
11月 手にまつわる怪談  ハーン、ルファニ、モーパッサン
東京大学名誉教授   平川 祐弘氏
特 別 企 画  
5月30日 ケルト映画祭
 NTT夢天神
 
10月10日 ケルト・アイリッシュ音楽とダンスの集い
アクロス福岡円形ホール
 ライア、アイリシュハープ、フィドル、ホイッスル、バウロンなどの楽器を使った演奏、ゲール語の歌やアイリシュダンス講座の受講者によるダンスを披露。最後は満席の会場の方々もステージに上がってダンスを楽しんだ。
10月13日〜17日 ケルト世界への誘い
ケルト・アイルランド文化の交流
 写真パネルによるケルト・アイルランド文化紹介、小泉八雲が博多を訪れた際の関係資料。松江・八雲記念館パネルを展示。レクチャー&ワークショップでは、カリグラフィー、タティングレース、アイリシュクロッシェ、ケルト圏を旅してのお話。
ケルズの書(復刻版)と解体したケルズの書を一堂に展示。世界でも例のない展示方法は圧巻だった
11月 ペトログラフ探訪 (7)  阿蘇・西原・山の神 ペトログラフサイト
アイリッシュダンス公開講座&自主練習会  
2.4・6・8・10月 公開講座 中央体育館
3・5・7・9月 自主練習 中央体育館
語 学 講 座  
4〜7月 スコットランド ゲール語
 (初級者)
中央市民センター
9月〜12月 ゲール語 中級 中央市民センター
1月〜3月 ゲール語 中央市民センター
2005年
定 例 会  
1月16日 ケルト文明とローマ帝国 立命大学教授  鶴岡 真弓氏
4月17日 アイルランド独立運動とイェイツ 初期「ケルトの薄明」の情調を読む
北九州大学助教授  木原 謙一氏
7月24日 アーサー王物語の淵源をケルトに探る アーサーとマーリン
中央大学教授  渡邊 浩司氏
9月 アラン島と劇作家シング 荒涼とした岩盤の島と海を舞台として
西南大学教授  古屋 靖二氏
12月18日 W.B.イェイツ
「鷹の泉」とダンサー伊藤道郎
日本赤十字国際看護大学教授  徳永 哲氏
特 別 企 画  
11月13日 ペトロゲラフ探訪 (8) 九州国立博物館と宝珠山・甘木・朝倉周辺のヘトログラフ見学
輪 読 会  
毎週第1金曜日 Riders to the Sea by J.M.Synge The Celts
毎月第2火曜日 ケルズの書
バーナード・ミーハン著
The Celts
アイリッシュダンス公開講座&自主練習会  
1・4 ・6・7・10月 公開講座 中央体育館
5・6・8・9
11・12月
自主練習 中央体育館
語 学 講 座  
4月〜7月 スコットランド ゲール語(初級者)  
9月〜12月 ゲール語  
1月〜3月 ゲール語