CARA第10号 2003年2月

会報誌cara第10号
会報誌cara第10号

■ケルト・アイルランドへの関心―
その映像的文化的性質と背後にあるもの
風呂本 武敏・愛知学院大教授

■アイルランド現代美術事情私見
神谷  徹・京都造形芸術大講師

■漂泊者ジョイスの<こころ>をさぐる
作品と妻ノーラとの関わりを通して
吉津 成久・梅光学院大教授

■ドラゴンと蛇
-ケルトと北欧神話から 九州の金印蛇紐まで
鶴岡 真弓・立命館大教授

■ウクライナからロシアへ
津田 道弘 会員

■あいるらんど通信~バブル崩壊
織田村 恭子 協力会員

[会員紹介]
養蜂家・吉森 康隆氏