CARA第4号 1997年5月

会報誌cara第4号
会報誌cara第4号

■今、何故ケルトなのか~鶴岡教授との対談
元福岡県知事
奥田 八二

■ケルト文化再発見
立命館大教授
鶴岡 真弓

■『アイルランドの田舎物語』の世界
翻訳家
高橋 豊子さん

■ダブリン通信~不思議で悲しいダブリンの小話
会員
織田村 恭子

■アイルランドで暮らし始めて
ドハティ会員
田熊 陽子

CARA第3号 1996年9月

会報誌cara第3号
会報誌cara第3号

■ケルトの言語と文学
翻訳家
平島 直一郎

■はるばる世界旅――妖精がほほえんだ夏
NHKアナウンス副部長
原田  徹

■ダブリン通信
あるアイルランド人女性記者の死
織田村 恭子会員

■寄稿~ガリバーの国からきた青年と
田熊 陽子会員

■ティペラリー
医師・赤松 和彦氏(広島市在住)

CARA第2号 1996年2月

会報誌cara第2号
会報誌cara第2号

■ケルト人は万象をどう認識し
それを如何に表現したか
中世彩色装飾写本『ケルズの書』の神秘を探る
梅光女学院大教授
吉津 成久

■ダブリンの森から
木の彫刻家
ジェラード・コックスさんへのインタビュー
■アイルランドに暮らして
写真家
織田村 恭子さん(在ダブリン会員)

CARA創刊号 1995年8月

会報誌cara創刊号
会報誌cara創刊号

■特別寄稿
ケルト会 in 九州の誕生に寄せて
「変化の思想」
ケルト美術・文化研究家
元東北芸術工科大助教授
鶴岡 真弓

■アイルランド西部と文学作品
梅光女学院短大教授
徳永  哲

■海を渡ったステンドグラス
日本聖公会九州教会主教
飯田 徳昭