2005年日本ケルト協会の歩み

2005年日本ケルト協会の歩み

定 例 会  
1月16日 ケルト文明とローマ帝国 立命大学教授  鶴岡 真弓氏
4月17日 アイルランド独立運動とイェイツ 初期「ケルトの薄明」の情調を読む
北九州大学助教授  木原 謙一氏
7月24日 アーサー王物語の淵源をケルトに探る アーサーとマーリン
中央大学教授  渡邊 浩司氏
9月 アラン島と劇作家シング 荒涼とした岩盤の島と海を舞台として
西南大学教授  古屋 靖二氏
12月18日 W.B.イェイツ
「鷹の泉」とダンサー伊藤道郎
日本赤十字国際看護大学教授  徳永 哲氏
特 別 企 画  
11月13日 ペトロゲラフ探訪 (8) 九州国立博物館と宝珠山・甘木・朝倉周辺のヘトログラフ見学
輪 読 会  
毎週第1金曜日 Riders to the Sea by J.M.Synge The Celts
毎月第2火曜日 ケルズの書
バーナード・ミーハン著
The Celts
アイリッシュダンス公開講座&自主練習会  
1・4 ・6・7・10月 公開講座 中央体育館
5・6・8・9
11・12月
自主練習 中央体育館
語 学 講 座  
4月~7月 スコットランド ゲール語(初級者)  
9月~12月 ゲール語  
1月~3月 ゲール語  

2004年日本ケルト協会の歩み

2004年日本ケルト協会の歩み

定 例 会  
4月18日 ケルトと日本  京都造形大学教授  鎌田東二氏
6月 響きあうケルトと山陰の民俗
 島根女子短期大学助教授  小泉 凡氏
9月 アイルランドと日本  明治・大正期に日本の人々はアイルランドから何を学んだか
成城大学名誉教授  上野 格 氏
11月 手にまつわる怪談  ハーン、ルファニ、モーパッサン
東京大学名誉教授   平川 祐弘氏
特 別 企 画  
5月30日 ケルト映画祭 

 NTT夢天神
 
10月10日 ケルト・アイリッシュ音楽とダンスの集い
アクロス福岡円形ホール
 ライア、アイリシュハープ、フィドル、ホイッスル、バウロンなどの楽器を使った演奏、ゲール語の歌やアイリシュダンス講座の受講者によるダンスを披露。最後は満席の会場の方々もステージに上がってダンスを楽しんだ。
10月13日~17日 ケルト世界への誘い
ケルト・アイルランド文化の交流
 写真パネルによるケルト・アイルランド文化紹介、小泉八雲が博多を訪れた際の関係資料。松江・八雲記念館パネルを展示。レクチャー&ワークショップでは、カリグラフィー、タティングレース、アイリシュクロッシェ、ケルト圏を旅してのお話。
ケルズの書(復刻版)と解体したケルズの書を一堂に展示。世界でも例のない展示方法は圧巻だった
11月 ペトログラフ探訪 (7)  阿蘇・西原・山の神 ペトログラフサイト
アイリッシュダンス公開講座&自主練習会  
2.4・6・8・10月 公開講座 中央体育館
3・5・7・9月 自主練習 中央体育館
語 学 講 座  
4~7月 スコットランド ゲール語
(初級者)
中央市民センター
9月~12月 ゲール語 中級 中央市民センター
1月~3月 ゲール語 中央市民センター

CARA第11号 2004年3月

会報誌cara第11号
会報誌cara第11号

■ブリテン島の昔話・伝説とケルト文化
飯田 正美
筑紫女学院大、福岡女学院大非常勤講師

■かみ ひと かたち――その後
ケルトと出会って知る「異文化の出会いと再生」
大野 忠男・上野学園大教授

■アイルランドに魅せられて
横井 久美子・シンガーソングライター

■アイルランド演劇の現在(いま)
3人のM(マクドナ・マクファーソン・ミッチェル)を中心に
河野 賢司・九州産業大国際文化学部
同大学院国際文化研究科教授

■「ケルト」紀行シリーズ
エッセイスト 武部 好伸 会員

■ミュンヘン便り 「スイスのケルト」
植澤 晴夫 会員

■ドイツ語圏のケルトを訪ねて
長野 信行 会員

CARA第10号 2003年2月

会報誌cara第10号
会報誌cara第10号

■ケルト・アイルランドへの関心―
その映像的文化的性質と背後にあるもの
風呂本 武敏・愛知学院大教授

■アイルランド現代美術事情私見
神谷  徹・京都造形芸術大講師

■漂泊者ジョイスの<こころ>をさぐる
作品と妻ノーラとの関わりを通して
吉津 成久・梅光学院大教授

■ドラゴンと蛇
-ケルトと北欧神話から 九州の金印蛇紐まで
鶴岡 真弓・立命館大教授

■ウクライナからロシアへ
津田 道弘 会員

■あいるらんど通信~バブル崩壊
織田村 恭子 協力会員

[会員紹介]
養蜂家・吉森 康隆氏

2003年日本ケルト協会の歩み

2003年日本ケルト協会の歩み

2月 会報誌『CARA』第10号発刊  A4版・42ページ
4月6日 定例会 / 講演
「ブリテン島の昔話・伝説とケルト文化」
  「巨人退治のジャック」やアーサー王、魔女などの伝説が色濃く残る南西部のコーンウォール地方。この地を中心に訪ね歩き、人々との交流の中で「ケルトの原初的なエネルギーを強く感じたのは、自然にそうなったのではなく、伝説を大切にし意識的にケルト文化を取り込んだ結果だろう」と、飯田正美さん(筑紫女学園大・福岡女子学院大非常勤講師)。

※『CARA』11号に収録
4月20日 「ペトログラフの里シリーズ」
第6回 日帰りバスツアー
  今回は古代海洋民族が残したとみられる巨石遺跡を求めて、熊本県の天草へ。現地案内はNPO日本巨石文化研究所理事長・武内一忠氏。姫戸町(04年3月、3町と合併して上天草市に昇格)の矢岳山頂近くのドルメンは、長さ12mの巨石が支柱石に支えられて不安定な格好で斜面に鎮座。五和町の「鬼の碁盤石」と呼ばれる巨石は、周囲から磨製石器が出土。いずれも祭祀用か。
6月8日 定例会/講演
ケルトと出会って知る「異文化の出会いと再生」
 講師は上野学園大教授・大野忠男氏。アイルランドの墓石の巴文様はキリスト教伝来とともに消え、潜行の形をとる。それが200~300年後に渡来したゲルマン的組紐文様に刺激されたのか、十字の交点に巴文様が復活。この「ルネッサンス」と呼べる現象について「文化の変革のために必要なこと」との考察を展開した。

※『CARA』11号に収録
9月7日 定例会 / 講演と音楽「アイルランドに魅せられて」  「The town I love so well」(私の愛した街)に出会って以来、アイルランドに惹かれた、というシングソングライターの横井久美子さん。歌の世界は幅広く、女性、母親の視点で社会を直視し、いろんな出来事を歌にしている。オリジナルソングのほか、アイリッシュハープやギターを弾きながらアイルランドの魅力を語り歌った。ポーチェ・アンジェリカ時代の歌も披露。

※『CARA』11号に収録
12月14日 定例会 / 講演
アイルランド演劇の今 3人のM  (マクドナ、マクファーソン、ミッチェル)
  いずれも30代の若手劇作家。家族への愛憎と暴力、語りの妙が特徴のマクドナ。マクファーソンは酩酊と性的放縦の中に哀愁を漂わす。反英武力闘争を経て疎外感がにじむミッチェル。とくに前者二人の競い合いがこれから楽しみ、と河野賢司・九州産業大国際文化学部および同大学院国際文化研究科教授。2004年はジョイスの『ユリシーズ』公演100周年に当り、同国の演劇動向に注目が集まりそう。

※『CARA』11号に収録
12月18日 ケルト・アイリッシュ音楽祭~ カラン・ケイシー Karan Casey in 福岡

※NTT夢天神ホール
アイルランドを代表する伝統音楽界の女性ヴォーカリスト。「ソーラス」に参加して実力をつけ、脱退後に制作した『シール・メディスン』が高い評価を得た。来日は2度目、九州は初公演。聴衆の心を暖かく包み込む表現力はさすがだった、と鑑賞者たち。
[アイリッシュダンス公開講座]  5月18日、7月20日、11月23日の3回開催。また自主練習会を毎月1回開いた。
指導はCCEダンスクラスメンバー。
[初、中級ゲール語講座]  毎月1回同じ日に開催。岩瀬、平島両会員が担当。
[News Leter]  7月に7号発行。
[第38回日本イェイツ協会年次大会]  9月20、21の両日、幹事校の九州産業大で開かれた。
[アイルランドビジネスセミナー]  10月20日、ホテルオークラ福岡で。アイルランド政府主催。
[アイルランド観光セミナー]  12月9日、ホテルオークラ福岡で。政府観光庁主催。
[リバーダンス福岡公演]  2年前に次いで12月5、6、7日 マリンメッセ福岡で

CARA第9号 2002年3月

会報誌cara第9号
会報誌cara第9号

■アイルランド ジャガ芋飢饉の悲劇
日本赤十字九州国際看護大教授
徳永  哲

■ケルトの愛の形
小辻 梅子 長崎県立大教授

■デァドラにまつわる自分史の中間報告
三宅 忠明・岡山県立大教授

■マン島とケルト
リチャード コーウィン・英国貿易促進事務所長

■夏期集中講座~イエィツの『鷹の泉』と『骨の夢』
徳永  哲・日本赤十字九州国際看護大教授

◆日本ケルト協会の歩みに寄せて
――1994~2001年の活動年表
■あいるらんど通信~イエーツ姉妹
津川 江利子さん

【会員紹介】
佐川 卓二・智子夫妻

2002年日本ケルト協会の歩み

2002年日本ケルト協会の歩み

3月24日 特別企画
熊本県のペテログラフを訪ねて
~第5回
  熊本先史岩石芸術協会の武内一忠会長の案内で、ケルトを想起させる熊本県の菊池川流域周辺の遺跡を見学。大津町無田原のストーンサークルはサイズ、素材とも似たものが文献によれば、ニューグレンジ古墳の基底部の遺構にある。また山鹿市のチブサン古墳などにある文様(三角、四角型を組み合わせたもの)もニューグレンジ古墳入り口などにある線刻に似ている。さらにアイルランドなどに残る古代のオガム文字に酷似した刻みがある石碑が建つ神社もあった。
4月14日 定例会/ 講演
ケルト・アイルランドへの関心
その映像文化的性質とその背後にあるもの
 アイルランドには、文字から絵を組み立てるという知的な想像力を働かせてきた伝統がある。我々は『ケルズの書』に代表される視覚的なものに目を奪われがちだが、その背後にある言語的側面に目を向けて欲しい、と講師の愛知学院大の風呂本武敏教授。イェイツやワイルド、ジョイスら作家の作品や言動、それに古くから語り継がれ大衆に好まれた戯れ歌などを通して、特異性を発揮してきたケルト文化の優れた一面を紹介。

※2003年2月発行『CARA』10号に収録
6月23日 定例会 / 講演
アイルランド現代美術事情私見
 講師は神谷徹・京都造形芸術大講師。19世紀のケルティック・リバイバルでは、隆盛を極めたケルト紋様に再興のエネルギーはなく、権力と結びついていた絵画の題材がJ・B・イェーツ(詩人W・B・イェーツの弟)らによって民衆を対象にした作品を生み出し話題を呼んだ、と説明。アイルランド留学中に知り合った現代美術作家3人や日本の奈良美智、村上隆の作風を解説して現代美術の鑑賞法にも触れ、自分の感性で作品に真摯に対峙することの大切さを説いた。

※『CARA』10号に収録
8月24日 ケルト・アイリッシュ音楽祭
アルタン in 福岡 天神・スカラエスパシオ
  男性ダンサーのダン・ステイシーを伴って2年ぶり2度目の福岡公演。独特のギターやフィドルの音色、マレード・ニ・ウィニーの美しいヴォーカル――アイルランドの魅力がいっぱいの舞台は、400人を越す満員の観客席と一体になって盛り上がった。
6月23日 定例会 / 講演
漂白者ジョイスの<こころ>をさぐる―作品と妻ノーラとの関わりを通して
  「終生、大陸を漂白しながらも、故国に文学の題材を求め続けたジョイスにとって妻ノーラは文学に無縁であるようで、実はジョイス文学の核となる『母なるアイルランド』そのもであり、先祖ケルトの大地母神的存在でもあった」と、講師の吉津成久・梅光学院大教授。少女時代、ノーラと遊び友達だった、という102歳になる老婦人とアイルランド留学中に知り合い、このときの対話から得た、ノーラの知られざるエピソードも紹介された。

※『CARA』10号に収録
9月15日 公開講座
アイリッシュダンス ワークショップ                           福岡市中央市民体育館
 96年に続いて2度目の開催。会員を含め29人が参加。アイルランド伝統文化の紹介に努めているCCEジャパンのダンスクラスメンバーの指導。
12月22日 定例会 / 講演
ドラゴンと蛇―
ケルトと北欧神話から
九州の金印蛇紐まで―
 福岡市の志賀島から出土の金印は、アイルランド―北欧―中国―日本を結ぶ、動物様式のひとつの表象として捉えることが出来る。金印の握り部分の紐を通す穴がある蛇紐(じゃちゅう)を指して、論を展開したのは、講師の鶴岡真弓・立命館大教授。著書『装飾の神話学』などで、ユーロ・アジア―日本を横断する装飾美術の比較文明論を展開されている。太宰府市観世音寺の梵鐘の頂にある「龍頭」にも触れ、ユーラシア大陸とつながりが深い北部九州を際立たせた。

※『CARA』10号に収録
[夜楽塾]
  • ハリウッドの冒険ファンタジー映画「ロード オブ ザ リング」の前に登場したアニメーションの「指輪物語」をビデオで鑑賞。(3月9日)
  • 鶴岡真弓・立命館大教授が出演のビデオ「装飾美術・奇想のヨーロッパを行く」を鑑賞。NHKの人間大学で放映した12回シリーズもの。5~7月、3回に分けて見る。
  • 「未踏の大洞窟へ~秋吉洞探検物語」と題して、洞窟探検家の桜井進嗣会員が講演。人間には聞こえない洞窟コウモリの鳴き声を収めた珍しいCDが配られた。 (10月5日)
[ゲール語講座] 初級はケルト民話研究家の岩瀬ひさみさん、継続受講の中級は翻訳家の平島直一郎氏が担当。

CARA第8号 2001年4月

会報誌cara第8号
会報誌cara第8号

■「沈める寺」への誘い
島松 和正・内科医院長

■最近のアイルランド事情
小島 一浩・熊本アイルランド協会長

■『ケルズの書』のルーツを訪ねて
瀬尾 登喜子・日本アイルランド協会理事

■ラフカディオ・ハーンとアイルランド
銭本 健二・島根大教授

■スコットランドのケルト紀行
エッセイスト 武部 好伸

■21世紀に向かって~「今、何故ケルトなのか」~ケルト文化に現代を読み解く
<講演>「森の時間」 C・W・ニコル氏
<対談>鶴岡 真弓・立命館大教授/ニコル氏

■レポート~ケルトの国 アイルランド研修の旅
山本 啓湖・日本ケルト協会代表

■あいるらんど通信
織田村 恭子 会員

【会員紹介】
ショーン・M・ライル神父

2001年日本ケルト協会の歩み

2001年日本ケルト協会の歩み

4月15日 定例会 /講演
アイルランド、
ジャガイモ飢饉の悲劇
 講師は日本赤十字九州国際看護大・徳永哲教授。1845年、貧しかったアイルランド農民の主食のジャガイモが、菌類による大被害を受けた。被害は翌年も発生、今度は全滅。こうして絶望と死の数年間が続く。この大飢饉で100万人以上の人が餓死したり、海外に移住した。最も打撃を受けたのは西部の地方で、ケルト文化、ゲール語の衰退に拍車をかけた。

※『CARA』9号に収録

4月15日  会報誌『CARA』第8号発刊    A4版・68ページ
5月13日 特別企画
熊本県の清栄山へ
ペトログラフの旅
~第4回ツアー
   熊本県高森町・ 阿蘇外輪山の清栄山へ。講師の熊本先史岩石芸術協会・武内一忠会長によれば、有明海に注ぐ緑川流域は、オリエントに因んだ地名も複数あり、シュメール系海洋渡来民族が、そこを遡って山頂に盤座を築き、祭事用のペトログラフを思わせる線刻を彫った。確かに絵記号と見えるものがある。方位磁石をその岩石に近づけると針が南北以外にくるりと回る。彼岸の日の祭事場説も。
6月17日 定例会/ 講演
ケルトの愛の形
  『嵐が丘』のエミリ・ブロンテの父はアイルランド出身。ケルト民話がどうブロンテ姉妹に語られたか――神話や伝説の原型が『トリスタンとイゾルデ』や『嵐が丘』にどのように写し取られて、ケルト文様を織り成しているかに注目して、熊本県立大・小辻梅子教授が文学論を展開。

※『CARA』9号に収録

7月21日 夏期集中講座 / 講演
イェイツ~
二つの劇『鷹の泉』と『骨の夢』を考える
 講師は日本赤十字九州国際看護大・徳永哲教授。能の影響を受けて書かれたとされる「踊り手のための4つの劇」に収められた二つの作品。『鷹の泉』より『骨の夢』の方が形式的に能に近く、内容もイェイツ自身の力強い新しい歴史への期待が込められている、という。1916年のイースター蜂起が彼にどういう変化を与えたか、も検証。

※『CARA』9号に収録

9月16日 定例会 / 講演
デアドラにまつわる
自分史の中間報告
  ケルト伝説の美しい女性を象徴するデアドラ。アイルランド紙幣にも登場した。イェイツらの創作欲を刺激したロマンスの古典的テーマとなっている魅力の源泉はどこに――。「私の人生はデアドラなしに語れない」という講師の岡山県立大・三宅忠明教授の思いも随所に。

※『CARA』9号に収録

10月21日 ケルト・アイリッシュ音楽祭~
ルナサ in 福岡

※天神・スカラエスパシオ
  アイリッシュ伝統音楽界を疾走する5人組。独自の洗礼された有機的なリズムを作り出し、完成度の高い技法で聴き手をぐいぐい引き込み、心地よい風を残して去った。
12月9日 定例会 / 講演
マン島とケルト
 北イングランドとアイルランドの間にあるマン島。講師の英国貿易促進事務所長のリチャード・コーウィン氏は、英国領なのに英国の影響を薄めて、したたかに生きる島の姿を「ユニーク」と表現した。ゲール語に似たマンクス(マン島語)は、英国支配時代に使用を禁止され、話す人がいなくなったという。

※『CARA』9号に収録

【夜楽塾】 >松岡正剛~日本のデザインコンセプト(シリーズもの)/山本啓湖代表
カリグラフィーの歴史とケルト文字/初島さつき会員
音楽の源流~ケルト/秀島海三会員
【ゲール語】 >平島・岩瀬両氏担当。上級・初級継続。
【オドノバン大使】 >新任スペイン大使に。9月22日、大使公邸で関係団体と送別会。
来福は5回に及ぶ。

CARA第7号 2000年7月

会報誌cara第7号
会報誌cara第7号

■ケルト神話の再発見とアイルランドの女性たち
愛知淑徳大教授
大野 光子

■私のアイルランド
下関市立大・九州産大講師
エンリ・マギー

■文化的アイデンティティにおける沖縄とアイルランド
沖縄国際大教授
米須 興之

■ケルト文化とは何か~
その意味づけの歴史を解く
立命館大教授
鶴岡 真弓

■ダブリン通信
アイルランドのタクシー
織田村 恭子会員

【会員紹介】
洞窟探検家・櫻井 進嗣氏

◆ラフカディオ・ハーン生誕150年記念事業
熊本日本アイルランド協会と
山陰日本アイルランド協会の行事紹介